管理者向けに便利な「編集リンク」の表示(テンプレートタグ)

Pageや投稿ページを確認中、修正箇所を発見した際、すぐに編集画面へ移行できるためのソースがコレ。
<?php edit_post_link(‘表示するテキスト’,’前に挿入するタグや記号’,’後ろに挿入するタグや記号’); ?>
最初から記述済みのテーマもあるかもしれませんが、そうでない場合は是非この一行を記述しておくことをおすすめします。
管理者がログインしているときのみ表示がアクティブになるので、もちろん一般ユーザーには表示されません。
そう、今ご覧いただいているあなたには、日付の横の「編集」の文字が見えていないはず。
CODEX日本語版の説明はこちら>>

間違えてWordPressのアドレスを変更してしまった場合

WPアドレスの変更は普通何かしらの目的のために行われるでしょう。
しかし、私の場合は、ブログURLを変更したつもりが実はWPアドレスの変更になっていたのです。
当然本人はブログURL変更の手順でサイト内ファイルを操作しています。しかし全然成功しません。当たり前です。
ログインできないしCSSのパスも通っていません。当たり前です。何とか開けたトップから「ログイン」のリンクにポインタを乗せると、ログインのURLがルートになっていることに気付き、そうか、やっちまったなぁぁと。
このままでは管理画面にログインすらできません。かといってDBを削除なんてあり得ません。
アナログチックな方法しか思い浮かびませんでした。
結局ルートにWP本体ファイルすべてアップロードしました。
つまりディレクトリの変更の手順を思いっきりルートでやったことになります。
設定終了後はルートにあるWP本体ファイルはもちろん削除しました。

WPブログURLをルートディレクトリに変更

WPを既存のサイトに導入する場合、いきなりルートへのインストールはあり得ません。まずはルート配下の任意のフォルダにインストールし次いでトップページを上書きする(ディレクトリの変更)、という手順になると思います。
この例ではroot/wp/以下にWPをインストールしているとします。

管理画面 「設定」>一般からサイトのアドレス(URL)を、/wpを省いたものに変更。
/wp内の.htaccessとindex.phpをルートに移動。
このとき.htaccsessは書き込み可能なパーミッションを付与しておきます。
移動したindex.phpに以下の変更をして再度アップロード。このとき既存のindex.htmlは削除しておきます。
require(‘./wp/wp-blog-header.php’);  (赤字のwpはもとのWPフォルダです。)
パーマリンクを設定している場合「設定」>パーマリンクの設定 からパーマリンクの構造の更新をする。

これで無事にウェブサイトのトップページがWPで生成される動的なページに切り替わったのではと思います。
上記手順はパーマリンク構造の更新を含んでいるので2の手順で.htaccessを書き込み可能なパーミッションにしています。
CODEX日本語版

カテゴリーごとに投稿記事のテンプレートを変更する

通常、投稿記事のテンプレートは1種類です。WPをCMSとしてウェブサイトを構築するときに、カテゴリによってテンプレートを変更したい場面が出てきます。
例えばAというカテゴリの本文下段にはAの関連項目を、Bというカテゴリの本文下段にはBの関連項目をそれぞれ掲載したい場合などです。
single.phpをベースにしたファイルを作成し(single-1.php、single-2.php)、single.phpに以下のコードを記述します。
下記の場合、その記事がカテゴリ111に属する場合にはsingle1.phpをテンプレートとして使い、それ以外の場合にはsingle2.phpを使います。
<?php
$post = $wp_query->post;
if ( in_category(‘111’) ) {
   include(TEMPLATEPATH . ‘/single-1.php’);
} else {
   include(TEMPLATEPATH . ‘/single-2.php’);
}
?>
WP Codexの説明ページはこちら>>

meta name="ROBOTS" でクローラー制御

ウェブページに記載された情報は、検索エンジンのクローラーとよばれる巡回情報収集システムによって取得、格納そしてインデックスされます。この巡回経路は何の脈絡なくやってくるのではなく基本的にリンクを辿ってやってきます。
通常サイト内の情報は余すところなく伝えたいものですが、検索エンジンから来てほしくない、また検索結果にインデックスされたくない、という場面があります。
そのような時はmetaタグで制御します。
 
インデックス  | リンク先巡回 |           表記例
   ○     |   ○     | <meta name=”ROBOTS” content=”ALL”>
   ○     |   ×     | <meta name=”ROBOTS” content=”INDEX,FOLLOW”>
   ○     |   ○     | <meta name=”ROBOTS” content=”INDEX,NOFOLLOW”>   
   ×    |   ○     | <meta name=”ROBOTS” content=”NOINDEX,FOLLOW”>
   ×     |   ×     | <meta name=”ROBOTS” content=”NOINDEX,NOFOLLOW”>
   ×     |   ×     | <meta name=”ROBOTS” content=”NONE”>

clear:both;で回り込みを解除

clearプロパティはfloatプロパティで左寄せ、或いは右に寄せられた要素の回り込み解除に使うプロパティです。値は以下のとおりleft、right、both、noneとありますが通常使用するのはボス、bothです。
CSSにて段組みレイアウトを実現させる際には必要不可欠なfloatと同様必要不可欠なプロパティです。このclearがないと一旦回り込み指定を受けたボックスは延々と回り込み続けレイアウトを大きく崩します。
この回避にはfloat指示された直下のボックスには必ずclear指示を与える、またはあるボックス内部で完結させる、というようにしています。
例1
<div id=”sampleBOX”>
 <div lass=”left”>左に回りこみ </div>
 <div lass=”left”>左に回りこみ </div>
</div>
例2
<div lass=”left”>左に回りこみ </div>
<div lass=”left”>左に回りこみ </div>
<div lass=”sampleBOX> </div>
css
#sampleBOX{clear:both;}
.left{float:left;}
一般的に見出しとなるh2やh3には回り込みは不要と考えていますので、共通内容記述のcommon.cssにてh1,h2,h3{clear:both;}という基本設定をしています。これにより回り込みによるレイアウト崩れの防止になります。
<clearプロパティの値>
left ・・・左寄せされた要素に対する回り込みを解除。
right ・・・右寄せされた要素に対する回り込みを解除。
both ・・・全ての要素に対する回り込みを解除。
none ・・・デフォルト。回り込みを解除せず。

Posted in CSS

直帰率

直帰率とは、閲覧開始ページのみで離脱したセッションの割合です。つまり最初の1ページだけしか閲覧されていない訪問の割合です。直帰率はサイトを評価する上で重要な材料となります。検索エンジン経由の閲覧者が1ページのみでサイト離脱するということは、目的のコンテンツが含まれていなかった、またはリンク先に魅力的な情報があると感じなかったなど、サイトの情報デザインにおいて改善すべき点を検討する必用があります。
たとえSEO対策で上位獲得を果たし訪問者が増えたとしても、これに比例して直帰率も増加しているのであれば検索エンジンを経由した潜在顧客層をみすみす逃すことになります。
直帰率が増加傾向にある場合、サイト導線の確認やターゲットへのアプローチを含めたコンテンツの見直しを検討すべきだと思います。

Posted in SEO

ウクレレ弾いてリフレッシュ

ウクレレ。最近話題ですね。NHK趣味悠々でも昨年11月から今年2月はじめまでIWAOさんを講師に迎えて「すぐに弾ける!たのしいウクレレ」全11回が放送されました。ちなみにNHK出版のテキスト「すぐ弾ける!たのしいウクレレ」のポエポエさんの広告は私が担当させていただきました。
ウクレレを弾き始めて8年ぐらいになりますが、ウクレレの音って本当に癒されます。小さいので邪魔にならないばかりかとてもカワイイです。
はじめてソロ曲に挑戦したのはIWAOさんのKona Sunsetという曲。どこか切なくも美しいメロディーが琴線に触れました。今でも大好きな曲のひとつです。
私のウクレレです。モデル名は中のラベルにNaturel M-MP-Sと書いてあります。ビルダーは名古屋市の猶木義朗さんでNaturelという人気のブランド。普通のソプラノよりひとまわり小さいミニサイズでも十分な音量と透明感のある音質。さらにウクレレらしい歯切れよさも加わってとてもバランスのよい音です。メイプルの、それはそれは見事な杢にもうっとりほれぼれしちゃいます。
 

PC故障、修理、復活

普段使っているPCはPentium4 3.2、120GBのsataHDDで最もシンプルなRAID1(ミラーリング)です。今となっては旧式と言わざるを得ませんがまだまだ元気です。
さて基本的に自作PCを使っておりここ10年の間にcpu、マザーボードなど主要部分の入れ替えは1回のみ行いましたが最初から変更なしが電源。もともとケースに付属していたもので特に故障もありませんでした。
しかし、ついに逝きました。
作業中、突如モニタが真っ暗に、PCの電源ダウン。一旦ケーブルを外し再度スイッチオン。
無事に電源入り、起動しました。でも3分ほどでダウン。
これは逝ったな、と近くのPCショップに電話して修理依頼。グラフィックカードも以前からDVI出力に異常があったので一緒に交換。AGPなので中古品で。Geforce 7600 GSですが十分です。DVI出力も復活、キレイさが違います。
その他ファン2個も×なので交換。検査料、作業料、部品代で思わぬ出費でしたが無事復活しました。
最近のcpuやらマザーやらどれだけ速いのか知りませんが、Pen4機でまだまだがんばります。

ショートハンドプロパティで効率的に

CSSコーディングを効率的かつ見やすく仕上げるには、短縮表示OKなショートハンド対応のプロパティを効果的に使います。
よく使うものではmargin、padding、background、borderなどがあります。
●margin、padding
[4つの値を指定] margin:上 右 下 左 ;
[3つの値を指定] margin:上 左右 下 ;
[2つの値を指定] margin: 上下 左右 ;
[1つの値を指定] margin: 上下左右 ;
・単位はpx、%、emなど
ちなみに、emとはフォントの高さを1とする単位で、exとは小文字の「x」の高さを1とする単位です。
●background
background:  色  | 画像 |  リピート指定  | 表示指定  | 左右位置  |上下位置
初期値      透明 | なし  | repeat        | scroll      | 0px      |0px
色 : #fff
画像 :url(sample.gif)
リピート指定 : repeat|no-repeat|repeat-x|repeat-y
表示指定 : scroll|fix
左右位置 : 数値指定(px、%、em) left|center|right
上下位置 : 数値指定(px、%、em) top|center|bottom
左右位置と上下位置については注意が必要です。leftなどキーワード指定では順不同ですが、数値の場合には上記順番になります。
また数値入力の場合表示位置を左、または上からのオフセットとなります。どの値についても省略可能。
●border
border:   線幅  | 線種  | 色     ;
初期値   ブラウザ| solid | ブラウザ
線幅:数値(px,em)
色: #ccc
線種:
solid (1本線)、
double(2本線)、
dashed(破線) 、
dotted(点線)、
groove (立体的に窪んだ線)、
ridge (立体的に隆起した線)、
inset (上と左のボーダーが暗く、下と右のボーダーが明るく表示され、囲まれた領域全体が立体的に窪んだように表示されます。上下左右の一部指定では不可。 )
outset(上と左のボーダーが明るく、下と右のボーダーが暗く表示され、囲まれた領域全体が立体的に隆起したように表示されます。上下左右の一部指定では不可。)

Posted in CSS