window.open()で別窓表示

別窓を表示させるときに使うJavasucriptです。自分用の覚え書きです。
window.open(” URL “,” ウィンドウ名”, “オプション” )
各引数の文字列は一重引用符または二重引用符で括って指定します。
ウィンドウ名は指定する必要がなければ nullで。指定するときは引用符で囲みます。
null を指定すると、<a>の属性 target=”_blank” と同じような意味合いになります。
オプションは複数のパラメータをカンマで区切って指定します。

パラメーター

意味

width
数値
ウィンドウ幅

height
数値
ウィンドウ高さ

left
数値
ウィンドウ位置左

top
数値
ウィンドウ位置上

menubar
yes/no
メニューバー有無

toolbar
yes/no
ツールバー有無

location
yes/no
アドレスバー有無

status
yes/no
ステータスバー有無

resizable
yes/no
リサイズ可否

scrollbars
yes/no
スクロールバー有無

チェックボックスをチェックしてテキストフィールドを無効化

チェックボックスをチェックするとテキストボックスが有効化というのはあると思いますが、その逆です。
排他的な選択条件でチェックボックスによる値が最優先される場合に使います。(使いました。)
ちなみに下のソースではテキストフィールドのボーダーをインラインスタイルで設定し、カスタマイズしたときになってしまうシャドウチックな雰囲気を回避しています。
 
<script language=”JavaScript” type=”text/javascript”>
<!–
function chk(){
if (document.form1.cBox.checked){
document.form1.tBox.disabled = true;
document.form1.tBox.style.background = “#cccccc”;
}
else{
document.form1.tBox.disabled = false;
document.form1.tBox.style.background = “#ffffff”;
}
}
// –>
</script>

<form […]

WordPressによるホームページ制作、「WPプラン」を近日アップ

WPをプラットホームにしたホームページ制作プラン「WPプラン」を近日アップします。
目的に応じて、最小限のパッケージからフルカスタムまで、またアフターフォロープラン、トレーニングプランも合わせてアップします。
使い勝手の良いWordPress、おすすめです。

Google Analyticsで自分のアクセスを除外

ウェブサイトの関係者は更新管理作業で何度もウェブページを確認します。
当然ながらGoogle Analyticsはこれらのアクセスもすべてカウントしてしまいます。
しかし、関係者のアクセス数は除外したいと考えるのが一般的です。
そこでフィルタマネージャーを使って特定のIPアドレスからの統計を遮断しましょう。
方法は簡単です。
Analytics 設定 > フィルタ マネージャ > フィルタの追加
フィルタ情報に、
1.フィルタ名   たとえば、「自分のアクセス(自宅)」
2.フィルタの種類 「IPアドレスからのトラフィックをすべて除外」
3.IPアドレス 
4.プロファイルを選択
5.変更を保存
ちなみにIPアドレス確認するには下記サイトが便利です。
http://www.ugtop.com/spill.shtml
http://www.cman.jp/network/support/go_access.cgi
http://www.luft.co.jp/cgi/ipcheck.php
http://www.ip-checker.net/

大山登山

4月4日土曜日、天候にも恵まれ、鹿の攻撃にも遭わず無事大山登山を終えました。
大山とは、丹沢大山国定公園の丹沢山塊東に位置する標高1252mのきれいな三角形の山です。
東名高速道路の厚木IC付近を走るとほぼ正面に見える、そう、あの山です。
午前9時20分発のケーブルカーで下社まで行き、登山口出発が9時50分。山頂には約11時20分。
途中何回かの休憩を入れましたが所要時間約1時間30分の行程。
この大山登山、ウチでは恒例で今回は娘3人引き連れての登山でした。大山登山の経験ある方ならわかると思いますが、途中なかなか険しいのでかなり息が切れます。またこの日気温19度となっていましたが山頂付近はまだ肌寒く、持参したバーナーで湯を沸かしカップスープを飲みました。これは正解。温まります。
昼食後、12時45分ごろから下山開始。帰りは見晴台経由~男坂で所要時間約2時間といった具合でした。
帰りはニュー天野屋で日帰り温泉入浴。天然温泉でヌルヌルっとした感じのお湯。入浴料大人800円、子供500円。
2日経った今日、ますます筋肉痛です。回復が遅いです。日頃の運動不足を思いっきり痛感しています。暖かくなったことだし朝のウォーキングを再開!しますかね。

marginの結合

あるボックスのmargin設定で、例えば以下のような垂直方向のmarginに結合(=marginの相殺)が起こります。
div.boxA{margin:10px 0;}
div.boxB{margin:10px 0;}
<div class=”boxA”>●●●</div>
<div class=”boxB”>●●●</div>
boxAもboxBも上下10pxのマージンを設定していることから単純に計算するとboxAとboxBの間には20pxのマージンがあることになります。
しかし、ここでマージンの結合が発生!実際は10pxとなります。以下に発生条件と適用値を列記します。
条件: 隣接または入れ子の関係にある複数のボックスであること。
適用値: 一般的な配置(position:static;)の場合以下参照。

[正の値]|[正の値] ─── 最大値
[正の値]|[負の値] ─── 最大値と最小値の和
[負の値]|[負の値] ─── 最小値

※float設定したボックス、絶対配置(position:absolute or fixed;)には適用されません。
※水平方向のマージンには適用されません。

Posted in CSS

.htaccessによるリダイレクトとmetaによるリダイレクト

春です。新年度です。異動の時期です。ということでホームページの引っ越しトピックスです。
metaタグによるリダイレクト
<meta http-equiv=”refresh” content=”何秒後にジャンプするかの秒数;url=ジャンプ先url”>
もっともポピュラーな方法です。私もよく使います。
 
.htaccessによるリダイレクト
Redirect permanent/xyz/http://www.xxx.com/abc
この場合xyzディレクトリ以下にアクセスがあった場合、http://www.xxx.com/abc/へリダイレクトさせます。
この方法でのメリットはブラウザに履歴が残らないので、「戻る」ボタンで戻ったときにmetaのような再ジャンプという煩わしさがありません。さらにディレクトリでの指定が可能なことから使用範囲が広がります。
.htaccessは、.htaccesファイルが置かれたディレクトリとサブディレクトリに影響を及ぼすので配置する際は注意が必要です。

サクラサク、春

エイプリルフール。ふざけたこと言って、ウソですと。そんな余裕もヒマもありません。
新年度?世間じゃ多くの会社は今日から新年度でしょう。個人事業者にとっては1月1日元旦から新年度。
すでに3ヶ月経過してます。
「サクラサク」。有名な合格電報です。届くまでに早くても1日以上はかかります。
「今日ヒマ?」。即届きます。
サクラサク、やっぱりいい響きです。この時代このアナログ感を匂わせるフレーズってなかなか見つからないものですが、日々の努力が実るときが必ずくる、そんな気分にさせてくれるフレーズです。