WordPressによるホームページ制作、「WPプラン」始動

WordPressによるホームページ制作、「WPプラン」いよいよ始動です!
お客様のホームページ運用プランにあわせて、スタンダードプラン、ライトプラン、カスタムプランの3種類をご用意。固定デザインのライトプランは126,000円から。
WPホームページ制作プラン&料金

ドメインの種類

今更ながらドメインの種類 (一部省略)と取得条件などを覚え書きとして。
co.jp
株式会社、有限会社、合名会社、合資会社などの日本の企業、営利法人。個人や個人事業主での取得不可。
登記日、登記住所などが必要。
※1つの法人に対して1つしか取得できません
or.jp
財団法人、社団法人、医療法人、監査法人、宗教法人、特定非営利活動法人、特殊法人(特殊会社を除く)、農業協同組合、生活協同組合、その他日本国法に基づいて設立された法人、国連等の公的な国際機関、外国政府の在日公館、外国政府機関の在日代表部その他の組織、国連NGOまたはその日本支部。
※1つの法人に対して1つしか取得できません
ne.jp
日本国内のネットワークサービス提供者が、不特定または多数の利用者に対して営利または非営利で提供するネットワークサービス。
必要書類・・・登録申請書、印鑑登録証明書原本
gr.jp
複数の日本に在住する個人または日本国法に基づいて設立された法人で構成される任意団体。
必要書類・・・登録申請書、代表者と副代表者の印鑑登録証明書原本
.com
商業組織用。法人・個人などの制限なし。最も人気が高い。
.net
インターネットで情報を提供するサイトが対象。.comに次いで人気が高い。
.org
NPO法人が対象。グループに最適なドメイン。
.jp
法人・個人などの制限なし。最近人気が高い、日本の新スタンダードのドメイン。

火遊び

惚れた腫れたではありません。
キャンプに行くとたいていは焚き火をします。
「焚き火」・・・戸外で集めた落ち葉や木片などを燃やすこと。また、その火。《季 冬》「捨てし身や―にかざす裏表/茅舎」2 明かりや暖をとるためなどに薪を燃やすこと。また、その火。
と、あります。
キャンプ場の多くは環境保全のために直火を禁止しています。そこで登場するのが焚き火台なるものでどのアウトドアグッズメーカーからもリリースされています。私はsnow peak焚き火台L を愛用しておりいわゆるSP菌感染者の一人ともいえます。
総ステンレスづくりの本体は5kgほどあり重いですが頑丈です。ご覧のとおりいい感じに焼け色がついてきたでしょ?焚き火台とはいえ、オプションのグリルをつけてバーベキューにも使うので焦げついたヨゴレを落とすために毎年秋ごろには一旦金属たわしでごしごしと手入れをします。
実際使うときには底に鉄製の火床を入れ燃焼効率をよくして使います。一番底の部分が焼けてないのはそのためです。
snow peak 焚き火台 L
snow peak 焚き火台 L