近日中にWordPressテーマの販売を再開

近日WordPressテーマのみの販売を再開します。そのままお使いいただいても、またカスタムベースにもしていただいても使い勝手のよいシンプルなテーマです。
価格は1テーマ10,500円を予定しています。
ウェブ制作会社様や個人の方にもカスタムベースとして是非ご利用いただければと思います。

アイキャッチ画像の取得・表示

WordPress2.9から導入されたアイキャッチ画像(サムネイル)の取得・表示コードサンプル
<?php the_post_thumbnail(); ?> // パラメータなし 原寸で表示
<?php the_post_thumbnail(‘thumbnail’); ?> // サムネイル
<?php the_post_thumbnail(‘medium’); ?> // 中サイズ
<?php the_post_thumbnail(‘large’); ?> // 大サイズ
<?php the_post_thumbnail( […]

query_posts()の注意

~CODEXより転載~
query_posts() は テンプレート ファイル内で WordPress ループ が始まる前に記述します。wp_query オブジェクトは与えられた引数から新しい SQL クエリを作ります。このとき、WordPress は(ページ番号やカテゴリーのような)URL から得られた引数を無視します。もしその情報が必要なら、query_posts() の引数としてグローバル変数の $query_string を与えます。
例えば、他のクエリ引数に影響を与えずに投稿の表示順序だけを指定したいなら WordPress ループ の前に以下のように記述します:
global $query_string;
query_posts($query_string . “&order=ASC”);
この形式で query_posts を使う場合は、二重引用符で囲んだ引数をアンド記号(&)で始めてください。

Poeditで日本語を変更(パスワード保護の「保護中:」表記の削除など)

ページ(page)や投稿を「パスワードで保護」すると、<?php the_title(); ?>で出力されるタイトルに「保護中:」と表示されます。同様に非表示設定の場合には「非表示:」と表示されてしまいます。
この「保護中:」の表記を削除するにはja.poをPoeditで編集して保存時に同時生成されるja.moをアップロードすることで解決できます。
また、サイト登録を許可している場合、登録画面には「このブログに登録する」と表示されます。WordPressを一般のブログとして使うならともかく会社サイト等の場合この表示は変更しておきたいところ。
Poedit を使って日本語を変更

まずはここからPoedit をダウンロード
画面の指示に従いインストール。インストール時に言語の選択をJapaneseに。
/wp-content/languages/ にある ja.po と ja.mo 2つのファイルをダウンロード。
ダウンロードしたファイルはバックアップしておく。
ja.po をダブルクリックしてPoedit が起動。
先にPoeditを起動した場合はツールバー の一番左のアイコン(カタログを開く)をクリックしてja.poを開く。
日本語訳に書き換える
「ファイル」→「保存」または「名前を付けて保存」で、元の ja.po ファイルを上書きする。
このときja.mo も同時に上書きされる。
ja.mo を上書きアップロードする。

特定のカテゴリアーカイブページへのリンクを出力

<?php $category_link = get_category_link(カテゴリID番号); ?>
<a href=”<?php echo $category_link; ?>” title=”サンンプルカテゴリ一覧”> サンプルカテゴリ一覧 >></a>
または
<?php
$category_id = get_cat_ID( ‘サンプルカテゴリ’ );
$category_link = get_category_link( $category_id );
?>
<a href=”<?php echo $category_link; ?>” title=”サンプルカテゴリ” > サンプルカテゴリ一覧 >></a>