Google Analyticsで自分のアクセスを除外

ウェブサイトの関係者は更新管理作業で何度もウェブページを確認します。
当然ながらGoogle Analyticsはこれらのアクセスもすべてカウントしてしまいます。
しかし、関係者のアクセス数は除外したいと考えるのが一般的です。
そこでフィルタマネージャーを使って特定のIPアドレスからの統計を遮断しましょう。
方法は簡単です。
Analytics 設定 > フィルタ マネージャ > フィルタの追加
フィルタ情報に、
1.フィルタ名   たとえば、「自分のアクセス(自宅)」
2.フィルタの種類 「IPアドレスからのトラフィックをすべて除外」
3.IPアドレス 
4.プロファイルを選択
5.変更を保存
ちなみにIPアドレス確認するには下記サイトが便利です。
http://www.ugtop.com/spill.shtml
http://www.cman.jp/network/support/go_access.cgi
http://www.luft.co.jp/cgi/ipcheck.php
http://www.ip-checker.net/

Google Analyticsでアクセスログ解析

SEOとはご存知のとおり検索エンジンでいかに上位獲得をするか、という注目のテクニックです。SEOについてのTipsも書き綴っていこうというわけです。
SEO対策の第一歩、それがアクセスログ解析です。昨今様々な解析用システムがリリースされシェアウェア、フリー選びきれないほどのサービスがあります。
そこでGoogle Analyticsの出番です。Adwordsご利用の方には馴染み深いことと思います。フリーで使える上、様々な解析プログラムが組み込まれており実用性の高いシステムです。利用にあたってはGoogleアカウントの取得が必要となりますが、インターネットが大いに普及した現在では苦もなく導入できるはずです。
一般のウェブサイト運営者はもちろん、特に複数サイトのアクセスログ管理に効果を発揮します。ひとつの管理画面内に設定したサイトのインデックスが現れるので選択して閲覧という感じで。またレポート内容など管理者の好みに合わせてカスタマイズできるのも魅力です。
ひとつのGoogle Analyticsアカウントで無料で利用できるのは月間5,000,000ページビューまでですから一般的なサイトであればほぼカバーできると思います。(2009-5-6追記)