WordPressについて

2010-09-09

WordPressとは?

PHP&MySQLで動作するオープンソースのブログ/CMSプラットフォームで世界中で利用されています。ブログの配信はもちろん、ウェブサイトを一括して管理できるのも大きな特徴です。プラグインとよばれる追加機能モジュールを組み込むことにより様々な機能を組み込むことができます。管理更新は基本的には管理画面からの操作で、即時サイトへ反映されます。

動作条件 WordPress  2.9.2 (2010/6/1現在)

PHP      4.3 以上
MySQL    4.1.2 以上

WordPressを使うメリット

  1. ホームページの更新・管理がブラウザから可能。
  2. オープンソースなので本体価格がかからずコスト削減に。
  3. PHPによる高速な処理でストレスなく運用できる。
  4. デザインの変更はテンプレートのカスタマイズで一元管理。
  5. 豊富なプラグインで手軽に機能拡張できる。
  6. 付加機能(開発案件)の親和性にすぐれる。
  7. SEO対策にも効果的。
  8. 一般的なサイトから会員サイト、ショッピングサイトまで幅広く対応。

WordPressのデメリット

  1. 動作環境が厳密で、サーバ環境が必用な条件を満たしていないと動作しない、または動作不全となる。
  2. テンプレートの編集にはPHPやHTMLの知識が必須。
  3. データベースを破損したときの復旧が煩雑。

WordPressのしくみ

WordPressでのウェブサイト運用

更新管理

  1. 新着情報やブログなど日常の更新内容の投稿。
  2. 古い情報の削除、差し替え。
  3. 未来の日付による投稿は「予約投稿」となるので上手に活用する。
  4. 情報内容にあわせたテンプレートの改編、新規追加など。
  5. サイト運営に沿ったテンプレートのカスタマイズ。

保守、メンテナンス

  1. テンプレート他データベースの定期的なバックアップ。
  2. WordPress本体のバージョンアップ。
  3. 各プラグインのバージョンアップ。
  4. 各バージョンアップに対応した動作の整合性の確認。
  5. アクセスログの解析。(Google Analytics)
  6. XMLサイトマップ送信によるサイト巡回を促すと同時にサイト管理ツールを活用(Yahoo,Google)