表示件数の変更可能なプラグイン

WordPressで1ページに表示する件数は、管理画面>設定>表示設定で「1ページに表示する投稿数」に表示したい件数の数字を入力し設定保存することにより反映されます。

しかし、この設定はトップページ、アーカイブページなどすべてのページに反映されてしまいます。この問題を手軽に解決できるのが「Custom Query Strings」というプラグインです。ダウンロードしたプラグインファイル(custom-query-string-reloaded.php)をプラグインフォルダにアップロード後有効化。
管理画面>設定に「CQS」という項目が追加されるのでクリック。後は画面上でCondition、Show、Order byの各項目を設定し「Add」をクリック。

Custom Query Stringの設定画面

例えばアーカイブページの表示件数を降順に20件表示させる場合下記のようにします、
Condition— Query : 「is_archive」
Show— 20 posts
Order by — date , DESC

さてここでひとつ疑問になるのが、通常の設定とどちらが優先されるか?です。
表示件数の設定はこのプラグインによる設定が優先されます。